*All archives* |  *Admin*

2009/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
妖精の国の物語・・・を知ってますか?
2006/09/23


懐かしい お話・・・

このお話は・・・ 昔、友達 (原 みつる)と創っていた 不思議な夢の物語り・・・




ここは、古代の妖精の国・・・

小さな おてんば姫がいた。
名前は 「カルーデイア」という・・

ある日、小さな姫は、
禁じられていた悪魔の住む森へ足を踏み入れてしまった・・・

そこは、古代デーモン族が暴れ狂う恐ろしい森だった。


森の中で一人の魔人が瀕死の状態で倒れているのを見つけた。

その魔人の名は 「ザイゴン」 といった。


カルーディア姫は、ザイゴンにかけより無邪気な声で尋ねた。


カルーディア姫 : 「 もし・・・ どうなされました?」

ザイゴン : 「 お前は・・・? ここはお前のような娘が来る所じゃな・・・ 」


ザイゴンは、今にも力つきようとしていた・・・


カルーディア姫は、生まれ持った不思議な癒しの力で
ザイゴンの傷を癒しはじめた。


そこへ、デーモン族の1匹がやってきた・・・


デーモン族 : 「 こんなところにいやがったぜっ!  んっ?」
「 なんだぁ、このちっこい奴は・・? じゃまだ!どけっ!」


そう言って、カルーディア姫を はね飛ばした。


デーモン族 : 「 ザイゴン! ようやくお前を倒す事ができそうだなっ!」


デーモン族の一匹が、ザイゴンにとどめをさそうとした時・・・
死にかけていたザイゴンの体が まぶしいほど輝きだした。

ザイゴンは、目の前のデーモンをあっという間に粉砕した。


ザイゴン : 「 はて?俺は死にかけていたはずなのに・・・」
  「 このみなぎる力はなんなんだ・・・・」




 「 きゃあああああ!!」

向こうの方で、カルーディア姫が
もう一匹のデーモンに今にも、槍で突き刺されようとしていた。

ザイゴン : 「 あの娘は!!」


ザイゴンは、カルーディア姫をかばい 
右肩にデーモンの死の槍をくらってしまった。

ザイゴンは、その後、このデーモンもやっつけたのだが
死の槍の威力はすさまじく、
ザイゴンの右肩は動かなくなってしまった。


ザイゴン : 「 ふっ!俺とした事が、こんな小娘をかばっちまうなんて・・」

カルーディア姫: 「 だ・・大丈夫ですか?・・・・・」 

ザイゴン: 「 これでいい・・・ 誰かを助けて死ぬのもいいもんだっ・・・」 
 「 最後に聞かせてくれ・・・ お前の名は?・・・」 

 カルーディア姫: 「 カルーディアです」 

 ザイゴン: 「 カルーディア・・・・ か・・・」



カルーディア姫



ザイゴンは、静かに微笑みながら目を閉じた。


カルーディア姫は、ザイゴンの右肩に手をやり
自分の命とひきかえにザイゴンにかけられた死の呪いを解いた・・・



ザイゴンが目覚めたのは、数日がたった後だった。

そこには、あの小さな妖精がかぶっていた帽子が残されているだけだった。
右肩が妙にあたたかいのは、気のせいだろうか・・・


この時から・・・
カルーダザイゴンと名乗る魔人が現れるようになった。

そう・・・ デーモン族と戦う魔人が・・・





知ってる人はいるかなぁ??

むかし、最強のデーモン 「ドーン」と戦った
古代魔人 カルーダザイゴン がいた事を・・・


 
スポンサーサイト



テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

序章。 妖精たち・・・
2005/07/02



赤い妖精


4cmぐらいの 大きなハエね~って思ってたら・・・
妖精じゃん!

夢でも見てるのかな??

「 おいっ! そこの人間! 暑いぞっ! なんとかしろっ!」

いきなり、怒られた・・・
しかたがないから 冷蔵庫から氷を持ってきてあげた。

「 おお~~っ 人間、気がきくなっ! やればできるじゃないか!」
「 よしっ、仲間を呼んでくるから待ってろ!」

といって、姿を消した・・・







青い妖精


すると・・・
あの赤い妖精が、仲間を連れてきた。

青 : 「 へぇ~~ これが人間っていう生き物か・・・」
青 : 「 羽がないんだなぁ・・・ オレたちみたいに 飛べないんだね・・・」

どうやら、青い妖精は男の子のようだ。

青 : 「 お腹すいたっ! 何か食べさせておくれよっ」

いきなり言われても、何も用意してないから・・・
そうだ、いいものがあった。

ちょっと外に来て!はいっ、これっ、犬のうんこ。

青 : 「 おいおいっ!!! ハエじゃないんだぜ~~。」
赤 : 「 おいっ!人間!! ぶっとばすぞ!」

どうやら 赤い妖精は怒ったみたい・・・  ごめんねっ







少し離れたところには・・・
悩みに悩んでいる妖精がいた・・・



黄色い妖精


ふんっ。 愛・地球博かぁ・・・・

込みすぎだよなぁ・・・
行きたいけど、行きたくないなぁ・・・
人間どもが多すぎるしなっ!
踏み殺されかねないからなっ
マンモスがいるらしいけどなぁ・・・
俺たち妖精は、並ばなくてもこっそり入っちゃうけどな・・・
まぁ、ペットボトルなんて持ってかないけどなぁ・・・

う~~んっ どうしよっかな~~・・・?
チケット持ってるんだけどな~。
でも、行くのめんどくさいしなぁ・・・
見ないと損する感じがするけどな~~
ってか、もっと早く行けばよかったなぁ・・・もやもやするな~。
今頃行っても疲れるだけだしな~・・・
サルにバナナあげるらしいけどなっ!
東ゲートに並ぶのがいいって聞いたけどなぁ・・・
まつけんが来るって言ってたけど どーでもいいな~。
朝早く起きるのつらいしなぁ・・・・もやもやするな~~。
まっ、俺たち妖精にとっちゃ どーでもいいけどなぁ・・・
家で のんびりするかなっ?  早く終わらないかな~~

てか・・・ 2年ぐらい開催すればいいのになっ!
さつきとメイの家で、白いトトロのちっこいやつに会えるかな~。
まっ、いいかな?

ってか、くどくど悩んでんじゃね~って言いたいよな~~。
行きたいなら行けよっ て言いたいよなっ!

まぁ・・・ めんどくさいから多分行かないと思うけどな・・・
人間っていうやつは、はっきりせんなぁ・・・
俺たち妖精にとっちゃ どーでもいい事だけどな。

決めたっ! のんびりするっ!

あ~ すっきりしたっ!!     もやもやもや・・・・



 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

とある研究所のハゲ博士!
2005/09/10


とある研究所に ハゲ博士がいた・・・


妖精の国の物語り001
原みつる


(ー'`ー;)う~ん・・・・
最近「妖精」という生き物を発見したんだが・・・
これがなかなか捕まらない。
捕まえて解剖していろいろ調べたいのだが・・・




博士は、妖精を探しに・・ 不思議な森へ来ていた。



妖精の国の物語り002
原みつる


o(@O@;)o おぉ!
ここには たくさん妖精とかがいそうだな~
キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ      キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ
いるいる・・・
「え~~~~い!」
バサバサ!!
博士は網を振り続けた。
「ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ つかまえた。。。。。」
キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ
「とりあえず 見つからないうちに戻るか!」
ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノイーヒッヒッヒーーーーー




研究所に戻った ハゲ博士は・・・


妖精の国の物語り003
原みつる


ついに 妖精を捕まえてきたじぇ!!
Ф∀Φ∀Ф∀Φ∀Φ∀Φ∀Φ)ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
それでは 解剖の始まりといこうか!!!



※ どうなるのか!!
この妖精はそのまま 博士のメスの餌食になってしまうのか!!
.:*~*:._.(寂´・ω・`、)ショボボボーン
またやっちまただ~なんかおかしいと思ったら・・・・
博士のヒゲがないじゃ~~~~ん!
(O◇Olll)がーん  しょうがないか!
どうすることもできないしヾ(。・Д・。A""アセアセ     原みつる



 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク