*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
お城の妖精♪
 

パズルの城の ワンコロ執事に連れられて・・・

プイプイちゃんたちは、お城の中を案内された。


すると・・・・

さっきから、うっすら半透明な浮遊物が・・・
窓からさしこむ木漏れ日に照らされて、姿が現れた。


どうやら、その姿を消す事ができる生きものは、

お城に使える お手伝いの 妖精たちだった。




プックリパックリ♪



「  あらっ!  お客様ですか・・・?  」


「  それでは、みんなを呼んで お食事の用意をしなくっちゃっ! 」



いつのまにか、プイプイちゃんのまわりにどんどん 妖精たちが姿を現した。 

そして、みんな プイプイちゃんにおじぎをした。





「  この娘たちは・・・ プックリパックリ♪ っていう妖精でございます。 」


と・・・ ワンコロ執事は、その妖精の一人を頭に乗せながら言った。





「  うわぁぁ~♪ かわいい・・ ♪ 」

プイプイちゃんは、プックリパックリ♪たちを、すごく気に入った。




「  今日の夕食は、腕によりをかけて、ご馳走をつくりますね・・♪  」

そういうと、プックリパックリ♪たちは、それぞれ散らばりながら・・
また、姿を消した。


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク