*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
玉座の門番。


ワンコロ執事に案内されて。。 
パズルの城のご主人の部屋の前まで来たプイプイちゃん。


「  ああ~ やっと会えるのね・・♪ 私の王子さまに・・・ 」

プイプイちゃんは・・・ ひとりでもじもじしながら・・・
ワンコロ執事の背中に “の” の字を書きながらいった。



「  きっと・・ 私の助けを待ってらっしゃるんだわ♪ 」



プイプイちゃんは、不思議なおもちゃ屋さんで 聞いた

「 助けてください・・・ 」

っていう言葉が、今も耳から離れない・・



「  もしかして・・ 眠りの王子?? 」

「  プイプイが、キスしちゃったら目覚めちゃったりして~~♪ うっとり~♪ 」


またしても、夢見る女の子 プイプイちゃんの妄想が始まった。



「  早く会いたいっ!・・・  あれっ??  」


よく見ると・・・ この王室の扉・・・ ドアノブらしきものがなく、
押しても、叩いても・・・ いっこうに開こうとしない。



「  お客様・・ ここは特別の鍵でしか開かないのでございます。 」


って、扉をバンバン叩いている プイプイちゃんに
ワンコロ執事が言った。


「  特別の鍵って・・ ? 」


って、プイプイちゃんが 聞きなおすと・・
ワンコロ執事は振り返って、指をさした。


プイプイちゃんは、ワンコロ執事の指差す方を見ると・・・




龍神さま



いつのまにか、プイプイちゃんの後ろに
おかしな格好をした龍のおじさんが立っていた。


「  あっ! 鍵を持ってるっ! 」

プイプイちゃんは、その龍のおじさんが持ってるカギとカギアナを見つけた。



「 そうでございます。 この 龍神さま こそ・・・  扉の門番なのでございます。」


と、ワンコロ執事は、その龍神さまに おじぎをしながら そう言った。


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク