*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
大きなブリキのロボット。



のしっ!  のしっ!・・・


誰もいなくなった お祭り会場に・・・
大きな大きなブリキのロボットが現れた。


なんだか、楽しそうな顔をした ロボット・・・






ブリキのロボット




のしっ!  のしっ!・・・




そのロボットは、プイプイちゃん♪たちの方に向かってくる。



「  ねぇ・・・ ロクじい♪  あれ、止めれる~~? 」


プイプイちゃんは、腰を抜かしてしまって動けない。。




「  おやすい御用ですじゃああ~~ ! 」


って、猫の姿の ロクじい♪が 空中で大きな杖を出すと・・・



「  物体動作制御 ビ~~ム じゃああ~~ 」

って、言いいながら・・・・ 怪しい光をそのロボットにあてた。




すると・・・・


大きな ブリキのロボットの動きが遅くなって・・

身をかがめながら・・・ プイプイちゃんに顔を近づけて



ギギッ  ガガガアアアァァ・・・・



「  ボクモ・・・ ミン ガガガッ ト・・・ オマツリ・・ シタ・・・イ・ プシュゥゥ~~   」





ブリキのロボットは、止まってしまった。

 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク