*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いが反対になる?



「 ねぇ・・・ 今、この ロボット・・・
みんなとお祭りしたい・・って言わなかった・・? 」


って、プイプイちゃんは、仲間に聞いた。


プシュウウウウウウ~~・・・



すると・・・

動かなくなった、ロボットの顔が開いて、
中から、一匹の ブリキのカメレオン? が、飛び出した。



「  おいっ! 何するねんっ!! 」

「  オラが作ったロボットを こわしやがってっ!! 」




オセロン坊や




プイプイちゃんは、いきなり出てきた ブリキカメレオンにびっくりした。



「  いつでもこうだっ!!  オラは、みんなと遊びたいのに・・・ 」



それを聞いて、プイプイちゃんは、その子に聞いた。


「  さっき、みんなとお祭りしたいって言ったのは、君・・? 」




「  そうだっ! 文句あっかっ!! 」


「  オラが、生まれた時、カミナリが落ちたせいで・・・
オラが、望んだ事は、叶わなくなったのさっ!! 」



って、少し寂しそうに、そのブリキのカメレオンは言った。



「  名前あるの・・?  」

ってプイプイちゃんは、聞いた。




「  オラは、オセロン♪坊や さっ! 」


「 白黒が、いつもひっくりかえってしまうからさ・・・ 」



「  だから、みんなを怖がらせる為に、こんなロボットを作ったの? 」


プイプイちゃんは、大きなブリキのロボットを見ながら 言った。



「  オラは、驚かそうとしたんじゃないねん・・ 」

「 ただ、みんなと一緒に遊びたくて・・・ 」


って、オセロン坊や♪は、ポツリと言った。



プイプイちゃんは、オセロン坊や♪にいろいろ聞いた。


どうやら・・・ 最初のうちは、みんなと仲良しだったみたいだけど、
みんなと同じ事を、オセロン坊や♪が願うと・・・

みんなの願いが叶わなくなるって事で、
みんなから、仲間はずれにされちゃったみたい。

だから、こんなロボットを作って、自分だという事がバレないように
みんなに近づいたらしい・・・・





「  オラが願うと・・・ いつも反対の結果になっちまうのさ・・・ 」



「  オラは、このブリキの町が好きやし・・
みんなと一緒に、この町を発展させたいと思ってるだけやのに・・ 」






ドカアアアアアアンッ!!!


そのとき、急に・・・

お祭り会場の方で爆発音が響いたっ!!


プイプイちゃんたちは、びっくりして・・・
そっちの方をみたら、

花火置き場から火が出て・・・ 大爆発を起こしたみたい。

その爆発で・・・ ブリキの里の広場の
みんなが大事にしてる “ 自由の塔 ” が、今にもくずれそう・・




「  きゃあ~~ 」


その下には、隠れていたブリキの子供たちがいた。


テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。