*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
天の国の天使♪



「  落ちたら怖いから・・・ ロクじい♪ 先に下りて・・・ 」



って、プイプイちゃん♪は、猫の姿になってる ロクじい♪を
虹に向かって ほうり投げた。




「  おいおいおい~~~~~っっ!!  」



ロクじい♪は、手と足としっぽをバタバタさせながら・・・


見事、虹の上に 着地成功!




「  こりゃあ~~! 心臓が飛び出たぞっ! 一瞬!! 」


ロクじい♪は、七色の光が動いている不思議な虹の上で・・
心臓を押さえながら・・・ プイプイちゃんに怒って言った。




「  どうやら、大丈夫そうね・・・ 」


って、言うと・・・  プイプイちゃん♪は、虹に飛び込んだっ!!




ずぼぼぼぼ・・・・・



虹に飛び込んだプイプイちゃんの体は・・・

どんどん沈んでいって・・・



スポッ!!


って、虹の下から、地上に向かって落ちていく・・・



「  あれっ?  なんでぇ~~~~~~~ ?? 」


って、プイプイちゃんは、落ちながら・・・
あわてて・・・ こうもり傘を開いたっ!!




プイプイちゃん♪が、素敵骨董屋さんで買ったこうもり傘は
空を飛べる。



ふわふわふわ・・・・



って、プイプイちゃん♪は、虹のところまで戻ってきて、



「  どうして??  ロクじい♪は虹に乗れるのに・・・ 」



って、不思議そうに顔をかしげた。




「  もしかして・・  ロクじい♪ 魔法使ってるの?? 」


って、プイプイちゃん♪が、平気な顔して虹の上にいる
ロクじいに聞いた。




「  おろっ・・? そうか・・  わし・・・ 知らんうちに使ったんじゃろか? 」


「  もうっ!! 魔法使ったなら言ってよ! 死んじゃうとこだったじゃんっ! 」




「  でも、わし・・・ 使った覚えがないんじゃよぉぉお~~  」






そのとき・・・



「  おいっ! オマエっ!!  おどかすなよっ!! 」


って、後ろから声がした。



プイプイちゃんは、こうもり傘をさしながら振り向いた。



天天



「  落ちたかと思って、ビックリしたがやっ!! 」



って、ほっかむりをした 変なやつが空を飛んでた。





「  あなたこそ!!  なんで飛んでるの?? 」


って、プイプイちゃんは、おどろいて言った。





「  オレは、天の国 の天使だからな。 飛んでて あたりまえだっ! 」


って、腕を組んで、自慢げに言った。






「  天使ぃぃ~~~?? 」



プイプイちゃん♪と、虹の上にいるロクじい♪と・・・
チクビーを操縦してるオセロン坊や♪が 同時に聞きなおしたっ!!


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク