*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
こもれび神社の巫女



「  希望の杖が、盗まれる?? 」

プイプイちゃん♪は、笑いながら バックに入れてた
ロクじい♪からもらった パンダの杖 こと・・ 希望の杖 を確かめた。


「  あれ・・・ ? 」

「   なくなってる~~~~~っ!!! 」

プイプイちゃん♪は、大あわてで、まわりを キョロキョロ探した!!


「  なにぃぃ~~ おぬし、あの秘宝の 希望の杖を無くしたのかぁぁああ! 」

ロクじいは、びっくりしながら・・・
しょんぼりした。


「  だって!! この市場に降りる時には あったのよ・・・ 」

「  なんで・・・???? 」

プイプイちゃん♪は、泣きそうな顔で もう一度バックの中を探してる。


「  確かに、あったんだもんっ!! 」

「  はっ!! 」

プイプイちゃん♪は、ふと気づいた。


「  あの新聞配ってた ヒゲづらウサギ だがやっ!! 」

同時に、天天♪も、犯人がわかったみたいで そう言った。


「  さっき ぶつかった時に、盗まれたんだぁ・・・ きっと! 」

って、プイプイちゃん♪は、頭をかかえながらいった。


「  あの野郎っ!!  保安官の目の前でっ!! 」

って、トボトボ が怒りながら ピストルを抜いた。


「  でも、ちょっと待って・・・?? 」

「  どうして、この新聞に、その事が載ってるの・・??? 」


プイプイちゃん♪たちは、首をかしげた。



そこへ・・・・

「  おまえさんたち・・・ 何を騒いでるんだい?? 」

って、さっきの市場で 金貨をプイプイちゃんからもらった
古ギツネのおばさんが、心配そうに声をかけた。


プイプイちゃん♪は、号外新聞を おばさんに見せながら・・・
ひげウサギに、希望の杖を盗まれた事を話した。



「  どうして、この新聞に載ってるの?? 」

って、新聞を見てる 古ギツネのおばさんに プイプイちゃんは聞いた。


「  これは・・・!  こもれび神社にいる預言者の仕業かも?? 」

って、古ギツネのおばさんは、言った。


「  こもれび神社?? 」











「  しかし・・・ こんな深い山奥に神社なんてあるんじゃろか? 」

プイプイちゃん♪たちは、古ギツネのおばさんに書いてもらった地図を見ながら
こもれび神社の預言者に会いに、川沿いの道を登っていた。


「   あっ!!  あれじゃない??  」

って、プイプイちゃん♪は指をさした。


二つの滝に挟まれた場所に、隠れるように神社があった。


「  預言者って、どんな人物だろう?? 」

って、天天♪が、宙に浮かびながら言った。


「  とにかく・・・ 行ってみようよ・・・ 」


プイプイちゃん♪たちは、滝の裏にある細道を通って・・・
神社の前に来た。


「  ごめんくださ~~~いっ!! 」

プイプイちゃん♪は、大声で叫んだ。



すると・・・ 神社の中から・・・


「  誰だい?? せっかくいい気持ちで寝てたのに・・・ 」





おばさん巫女




って、おみくじを持った おばさん巫女が現れた。



「   預言者さんですか?? 」

って、プイプイちゃん♪は、聞いた。



「   まぁ・・・ ひとつ  おみくじを引きなされ・・・ 」

って、そのおばさん巫女が、プイプイちゃん♪に言った。


プイプイちゃん♪は、 おみくじを振った。



「   ほほう・・・ あんたがたの仲間の誰かが
生き埋めになって、死ぬみたいじゃのう・・・・!! 」

って、そのおばさん巫女は、おみくじを見ながら ポツリと言った。


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク