*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
洞穴が崩れる~~っ!



「  あなた・・・ わたしを食べるの・・? 」

化け物につかまった プイプイちゃん♪は、不思議なこうもり傘を
化け物の顔に向けて言った。



ちょうど、そこへ・・・
プイプイちゃん♪の 希望の杖を盗んだ ヒゲうさぎが現れた。


2匹のイノシシたちは、それを取り上げると・・・


「  お頭~~~っ!! 希望の杖ですぜ~~っ!! 」

って、化け物に向かって叫んだ。




「  こ・・ 子供たちは!! 」

ヒゲうさぎは、もう一匹のイノシシに尋ねた。


「  大丈夫だぜっ! 洞穴の外で休んでるから・・ 」

って、弟分の イノシシが、ヒゲうさぎに言った。




「  お頭~~!! 元に戻ってくだせいぃぃぃっっ~~!! 」


アニキ分のイノシシが、化け物に近寄り・・・
希望の杖を見せた。




「   ぐあるるぅぅぅぅ~~~~~っ!!  」


化け物は、アニキ分のイノシシを 弾き飛ばした!!


化け物に変身した 盗賊団のお頭は、
もう、言葉も理解できないぐらいの化け物になって・・・

どんどん大きくなっていく!!




「  チチンプイ~~~~っ!!!! 」  


プイプイちゃんは、不思議なこうもり傘を振り下ろした!



「  ぎゃああああああああ~~~~っっ!! 」


化け物は、プイプイちゃんをつかんだ手を離すと・・
洞穴の壁を叩きながら 暴れまくった!!


ものすごい地響きとともに・・・ 洞穴が崩れだした!!

ガラゴロガラゴロガラ~~~~~



天井の岩が雨のように落ちてくる。



「  うわぁ~~ああっ!! 」

プイプイちゃんは、このままじゃ 土砂の下敷きになってしまう!!






プイプイちゃん♪ピンチ?





「  物体動作制御 ビ~~ム~~~~~~~!! 」


魔法使いの ロクじい♪が、魔法を放った。


落ちてくる 岩のスピードが遅くなった。


「  さぁ!!  今のうちに 逃げるのじゃ!! 」

ロクじい♪は、プイプイちゃんの手を取って、抱きかかえた!



「   ロクじい・・・・  」

プイプイちゃんは、不思議と じいさん魔法使いのロクじいが
一瞬、王子様のように感じた。


テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク