*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
盗賊団のアジト崩壊・・


一方、森の市場の近くで
飛行艇 チクビー に乗って待機してた オセロン坊や・・・


プイプイちゃんたちがいる山の方で、大きな音がしたのを聞いて、
心配になって、チクビーを発進させて盗賊のアジトがある
山の頂上付近の洞穴まで 様子を見に来てた。



ガラゴロガラゴロガラ~~~~~


って、洞穴の中で 土砂くずれの様な音を聞いて・・・

オセロン坊や は、プイプイちゃんたちを助けに入った。






あわてるオセロン







洞穴の中では、プイプイちゃんたちが
化け物に変身したイノキチゾウと 戦っていた。



チチンプイ~~~~!!


プイプイちゃんは、崩れてくる岩をよけながら
不思議なこうもり傘を振りかざした!


こうもり傘の先から、炎が噴出して、化け物を 火で包んだ。




「  グワァァァアアア==ッ!! 」


大きくなった化け物は、
口から イノシシの姿のイノキチゾウを吐き出した。



「  お頭~~~~っ! 」

子分のイノシシの二人組みは、そのイノシシに駆け寄った。



「  アニキ~~ ここは、やべえですぜっ!! 」

「  おうっ! お頭を連れて、脱出するぜっ!! 」


「  おいっ! お前らもこっちから抜け出せ~~っ! 」


って、プイプイちゃん達に向かって叫ぶと・・・
秘密の抜け穴から脱出した。


イノシシたちの後を追って、やって来てた ヒゲウサギも脱出した。




「  お~いっ! わしらも 逃げるぞいっ!! 」

って、ロクじい♪が、化け物をこうもり傘で叩いてるプイプイちゃんに言った。


「  うんっ♪ 」





グラグラドカンゴロゴログワシャーンッッ・・・


ついに、洞穴は化け物を残したまま崩れた!!




プイプイちゃんたちは、間一髪 逃げのびた。



「  ふ~~。 ザマア~ミロ♪おばさんが予言した事になってない? 」

って、プイプイちゃん♪は、仲間を確認した。


ムーちゃん、天天、トボトボ・・・ そして、ロクじい・・・・


「  みんな、いるよね♪ 」

プイプイちゃんは、仲間を抱きしめながら・・・
巫女おばさん マア・ミロ の 予言を思い出していた。



「   ほほう・・・ あんたがたの仲間の誰かが
生き埋めになって、死ぬみたいじゃのう・・・・!! 」




「  よかったぁ~~♪  予言が当たらなくて・・・ 」

って、 プイプイちゃんは、ほっとしながら 胸を撫ぜ下ろした。



そのとき・・・ 天天♪が ぽつりと言った。

「  あれっ? 不思議だがやっ・・・!
どうして あんなところに チクビーがあるんだ? 」


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク