*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
ヒゲうさぎの子供たちは?



「  オセロ~~~ン・・・! 」

プイプイちゃんたちは、そう叫びながら・・・ オセロン坊やを探した。



一方、命かながら脱出した イノシシたち・・


「  あっしの子供たちは・・・? 」

って、ヒゲうさぎが、イノシシたちに聞いた。



「  あっ! そういえば!!! 」

「  おいっ! あいつらはどこだぁ~~? 」

って、イノシシのアニキが弟分のイノシシに聞いた。



「  ヤバイですぜっ! もしかしたら土砂崩れに巻き込まれて・・ 」

「 今頃・・・ この土の下に埋まってるんじゃないですかい? 」




「   うわぁぁっぁああああああ~~~~!  」


ヒゲうさぎは、それを聞くと・・・
子供たちがいたあたりの地面を必死になって掘り返した!!





取り乱す ひげウサギ



「  お前ら~~ 死ぬんじゃないぞ~~~っ!! 」



ヒゲうさぎは 狂ったように 地面を掘っている。


盗賊団のイノシシたちも・・・

気絶してる お頭を寝かせて、一緒になって
ヒゲうさぎの子供たちを見つけようと 地面を掘り起こした。



それを見てた プイプイちゃんは・・・
目を閉じて こうもり傘に向かって念じた。


すると、こうもり傘は ある一点の場所を指した。



「   ここの下にいるっ!!  」

って、ヒゲうさぎたちに言った。



そこをみんなで掘ってみると・・・・
地面の下から 金色に輝く光が見えた。



「  うおおおおおおおおっ!! 」


光の中に、ヒゲうさぎの子供たちが倒れていた。

ヒゲうさぎは、抱きかかえるように救い出して・・



「  お前ら~~ 生きてるかぁ~~!! 」

って、子供たちのほっぺをたたきながら叫んだっ!


パンパン! パンパン!!



「   目をあけてくれ~~~~っ!! 」

ヒゲうさぎは、大泣きしながら ふたりを抱きしめた。





「     お父さん・・・    」

小さな声が聞こえた!!


ヒゲうさぎの子供たちは、目を覚ました。



「   無事だったぁ~~~~!!  」

みんなは、胸をなでおろした。



よく見ると・・・

ふたりが身に着けてる プイプイちゃんのマントと帽子から
金色の光が 出ていて、ふたりを包んでいた。



「  大きな音がしたと思ったら、急に山が崩れてきて・・  
うわぁ!って思った途端、 急に光りだしたんだよ・・・  」

って、お兄さんうさぎが そう言った。




「   よかったな・・ こやつらにマントと帽子を渡しておいて・・・ 」

って、ロクじいが プイプイちゃんに言った。


「   うん。。♪  」

プイプイちゃんは、ヒゲうさぎの子供たちの頭をなぜながらうなづいた。





「  そういえば・・・ 山が崩れる前に・・・
あの飛行機に乗ってた人が、洞穴の中に入っていったけど・・・
大丈夫かな・・? 」

って、飛行艇チクビーを指でさしながら お兄さんうさぎは言った。


「   えっっっ!!!!!  」

プイプイちゃんは、びっくりして 洞穴の入り口を見た。


洞穴の入り口は、完全に 土砂で埋まっていた。


テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク