*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
オセロン坊やが・・・



「  オセロン・・・ 待っててって言ったのに・・・  」

プイプイちゃんは、ふさがれた洞穴の入り口を見ながらつぶやいた。


「  あ~~ん!  どうしよう~~。  」

プイプイちゃんは、巫女おばさん マア・ミロ の 予言を思い出した。


「   ほほう・・・ あんたがたの仲間の誰かが
生き埋めになって、死ぬみたいじゃのう・・・・!! 」





「  絶対に!! そんな事はさせないっ!!! 」

プイプイちゃんは、仲間と共にオセロン救出に向かった。



「  天天♪は、空から 抜け穴を探して!  」

「  トボトボ・・ 小さい体だから 岩の隙間から入れない・・?  」

「  ロクじいは・・・ どんな魔法を使ってもいいから・・・ なんとかして! 」




「  あっ!  そうだ・・・  希望の杖・・・・ 
ねぇ~ ヒゲうさぎさん。  希望の杖を返して・・・!  」

って、プイプイちゃんは、ヒゲうさぎに言った。



「  イノシシのアニキに渡したっきり・・・ 」

って、ヒゲうさぎ。
プイプイちゃんは、2匹のイノシシに聞いたっ!!


「  早く~~ 希望の杖を返して!!! 」


イノシシのアニキ分が、あたりをキョロキョロしながら


「  ないっ!  どこやったぁあああっ!! 」

「  アニキっ!  きっと 洞穴で落としたんじゃねえですかい?!  」



「   うわぁああああああ~~~~~んっ!!  」



プイプイちゃん号泣




「  オセロン~~  死んじゃ やだぁ~~~~~! 」

プイプイちゃんは、弱気になった・・・


他の仲間たちも・・ 絶望的な顔をしてる。



ゴロゴロゴロ・・・
ゴロゴロゴロゴロ・・・・



そんな時、また山が崩れそうな気配が・・・



「  みんな!  山から離れて!! 」

プイプイちゃんは、叫んだっ!



ドカドカアアアアアーーーーン!


 

テーマ : 不思議な不思議な物語り・・
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク