*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
巨ぢんのチンタラボッチ♪


チロロの国にある、火山の火口に住んでいたとされる

巨ぢんのチンタラボッチ。

大きさは、60mぐらいあって、山の神と崇められていた。




古代文明 CHIRORO
壁画発見者  静原 恋♪



巨じんの間違いかも知れないが・・・・
確かに、古代の文献には 「巨ぢん」と書かれている。


チロロ文明の風習で、
火山の噴火を止めるのに、若い娘の生贄を
チンタラボッチにささげる儀式が行われていたという説もある。


この 生贄にされた娘は、一年後に村に戻ってくるという。

その度に、チンタラボッチの数が増えているらしいけど・・・

戻ってきた娘は、チロロ人の男性には、目もくれず
火山の頂上を見て過ごすようになるという。

 

テーマ : 不思議生物
ジャンル :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク