*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーゼの残した軌跡
2006/04/10


静まり返った病院の中で・・・

最初に目を覚ましたのは 原 みつるだった。


「 いたたた・・・・ 」

原 みつるは、頭を押さえながら立ち上がって
静原 恋を 探した・・・

ベットはもぬけのから・・・ いったいどうなったのだろう??

ふと、窓の外を見た。


そこには、裸で横たわる 静原 恋の姿があった。

急いで外に出て、近づいてみると・・・

静原 恋は、とても やすらいだ顔をして寝ていた。


「 いい顔しちゃって・・・ いい夢でも見てるのか~~?」




シズレンの うれし涙は、治癒の涙・・・
シズレンは、小さな頃から、うれし涙を流したときは、
どんな傷でも とたんに回復したという・・・


凍りかけていた上半身も、あっという間に完治した。


そして、ほっとしたのか・・・
シズレンは、眠ってしまったらしい。

それほど、アルチレの声が うれしかったのだろう。




「 もう! しずったら・・・ 起きなってば!」

「 こんな姿で寝てたら、風邪ひくじぇ~~♪」


原 みつるは、静原 恋を背中に乗せて、
病室のベットまで運んだ。



「 さっ、さむ~~~いっ!!」

全身が凍りついていた 白倉 紗乃が目を覚ました。

気がつくと、ベットは水びたしになっていたが
白倉 紗乃は、なんともなかったように・・・
ただただ、驚いていた。

「 えっ! どうしたんだろ?? 水びたし・・・ 」


看護婦のしっぽで、凍らされた事も、なにもかも・・・
あの一瞬の記憶は 消されていた。




妖魔シズレン原案19



静原 恋が、目を覚ました・・・



「 きゃっきゃっ♪ どうして、しずちゃん裸になってるの?(プッ!」

白倉 紗乃は、元気に駆け寄った。


「 しずは、変態だじぇ~~。 すぐ脱いじゃうくせがあるんだよ。」

原 みつるも、笑いながらそう言った。


原 みつるも、先ほどの出来事の記憶が無くなっていった・・・



もしかしたら、アルチレが記憶を消したのかも しれないね。



やがて、フリーゼの記憶は 3人から消えていった。

そして、何もなかったように、元の時間に戻った。





ただ、ひとつ・・・


白倉 紗乃の体を むしばんでいた病気が

凍りついた時に、消滅したのか・・・

もう治らないと言われていた 白倉 紗乃が
すっかり、元気になっていた。








数週間がたったある日・・・


静原 恋は、病院を退院していた。


最近、嫌な事ばかり続いていたので
気分転換に久しぶりの一人旅。

昨日は、人里離れた森の奥に湧き出ている
肌がきれいになると言われる露天風呂につかって
心身ともに リフレッシュした。

今日は、さらに山道をのぼっていき、
神秘の 「 白龍の滝 」 と呼ばれる滝を見に
一人、誰もいない山道を歩いていた。



そんな時・・・
前から、一人の男の人が歩いてきた・・・


「 はてな? さっきまでは、誰もいなかった一本道なのに・・・」

静原 恋は、不思議に思ったが、その風貌に
土地の人なんだと思い声をかけてみた。


「 こんには♪ 今日はいいお天気ですね・・・ 」


男の人は、うつむいたまま返事をした。




妖魔シズレン原案20



「 そうじゃの。 でも、お嬢さん。 ここらへんの地面は
崩れやすいから、気を付けなされ。」


そう言うと・・・ 
男は、静原 恋の前で石につまづいて よろけた。 


「 だっ 大丈夫ですかぁ??」


静原 恋は、その男に駆け寄り 肩を抱き上げた・・・

その瞬間・・・ 男は、静原 恋の左の胸を触った。



「 きゃっ! なっ・・ 何するんですかっ!!」



「 おおお・・・ すまなんだ・・・ 手が勝手に・・・ 」


静原 恋は、しばらく その男を見ていたが・・・
ちょっと、ぼけたおじいさんみたいな無邪気な
顔をするので 悪い人じゃないと判断した。


「 もおぉ~ 気をつけてくださいYO♪」


「 ほんに すまなんだ・・・ ゆるしておくれ・・・」


男は、何度も 謝りながら 山を降りていった。

口元にうっすらと笑みを浮かべながら・・・。




静原 恋は、また転ばないかと心配して
しばらく、男の背中を見ていた・・・  その時!!


「 くぅ~~~ッ!!」


急に、心臓に 燃えるような痛みが走り・・・・

静原 恋は、胸を抑えながら 苦しみだした!!




静原 恋は、張り裂けそうな胸の痛みに意識がなくなりかけた・・・


それもそのはず・・・
実は、男は 静原 恋の心に気を送ったのであった。

それも、シズレンのあこがれのアルチレの思い出の気を・・・


静原 恋の心の中で、ぐっすり寝ていたシズレンが
この気に、目が覚めたというわけである。


シズレンは、静原 恋の脳に残る
先ほどの男の残像をのぞいてみると・・・

それは、まさしくアルチレの姿であった。

シズレンが、取り乱すのも無理はない。

だって・・・ ずっとシズレンは アルチレに会いたかったのだから。





静原 恋は、気力をふりしぼって・・・
なんとか シズレンを封じ込める事ができたが、
まだ、頭は もうろうとしていた。

そんな気分の時は、シズレンの記憶が
静原 恋にもわかる事に気がついた。



( んん? さっきの男は、私の心の中にいる悪魔が
思いを寄せていたアルチレという男だったのかな?)


静原 恋の脳は、しばらく この悪魔の記憶を映し出していた。

それを 静原 恋は 意識がぼーっとしながら見ていた・・・


自分の中にいる悪魔が ・・・
シズレンという名前の女の子である事や
アルチレという男を好いている事や
その男が シズレンを守るために私の体に封印した
・・・という事が わかった。


そして、自分に体にいる悪魔シズレンがそんなに悪い奴に思えなくなった。



今まで、拒絶していた悪魔を、少しだけ受け入れようと
思った時、なぜか 心が軽くなったような気分になった。



静原 恋は、なんとかして・・・
さっきの男を シズレンに会わせてあげたくなった。



そして、先ほどの男を捜そうと 振り返り歩き出したとき・・・


ざざざざーーーーーっ!!




妖魔シズレン原案21



急に、足元の地面から土が爆発したように飛びかかってきて・・・

あっというまに 静原 恋を包みこんでしまった。





いつしか、土は元に戻り・・・

まるで なにもなかったかのように ただの一本道になっていた。



そして そこには、静原 恋の姿は なかった・・・・



Secret
(非公開コメント受付中)

ぷっ!
σ( ̄。 ̄)の写真見たら 可愛すぎて気絶しちゃってよけい来なくなっちゃうよ。
ね~~♪
知らないうちに 盗まれてるけどね・・・
忙しいのかな??
今度は、みつるのエッチな写真で 呼び出したら??  ぷっ。
お休み
盗賊団は長い休みですな~
最高だよね・・・
みつるとすずのとの3人の会話が無くなっちゃうのは寂しいよね・・
チココ盗賊団に盗んでもらうように頼んでおくYO♪  ぷっ。
ナンデヤネン...(ェ)っ
そんなことないって!
σ( ̄。 ̄)としずとすずののやりとりがもっと見たい。
うふふ♪
それは、みつるだよね・・・ ♪ 
まぁね
これじゃものたりないって人もいるかもね。
∵ゞ(≧ε≦; )プッ
どうしてかしらね?
エッチなシーンって・・・ その人物の人間性を表現するには、もってこいなのかな?
まぁ・・ このぐらいは可愛いものだけどね~~♪  ぷっ♪
(*´艸`*)
やっぱりこんなような話にはエッチな所もないとダメよね~(≧艸≦)ブブブ
菊池秀行みたいなのσ(´v`〃)ァタシ好きなんだけど、やっぱりエッチな所はあるよね。
妖魔・妖獣と戦うようなのが大好きなのだ~
プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。