*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シズレン 第2の覚醒!
2006/05/10



「 こしゃくな・・・・」

ガイラは、そう言いながら・・・・
体を丸めた。



ドンッ!!

という音とともに、ガイラの背中が一回り大きくなった。


ドンッ! ドドン!!

みるみるうちに・・・
ガイラは姿を変えた。

しっぽも、4本になって ものすごい形相になった。




妖魔シズレン原案25



「 ふううう・・・・ この姿になったのは、何年ぶりかのう!!」


妖魔特有の、第2段階の覚醒であった。

妖魔一族は、覚醒するたびに、能力が10倍は増えるという。


「 シズレンよ・・・ 覚悟するがよい・・・」


ガイラは、両手を振り上げた!!

すると、ものすごい勢いで、シズレンの足元から
どろのような粘土状の土が、シズレンの体をおおってしまった。


「 まずは・・・ このやっかいなしっぽが邪魔じゃのう・・・」


ガイラは、そう言うと・・・ 粘土から出ているしっぽを
鋭い爪で、切り裂いた。

無残にも、シズレンのしっぽがバラバラに引き裂かれてしまった。

シズレンは抵抗しようとしたが・・・
どろのような粘土で、呼吸ができなくなっていた。

ガイラは手を雑巾でもしぼるようなしぐさをした・・・
すると、シズレンを包んでいた粘土がねじれ
ミシミシと音をたてながら・・・
シズレンの体を締め付けていった。

ねじれた粘土から、シズレンの翼が次々と姿を見せた。


「 ついでに、この翼も引っこ抜いてやろうかの・・・」


ガイラは、シズレンの翼をつかんだ・・・


ブチッ!! ブチッッ!!!

次から次へと・・・
シズレンの翼を引き抜いていった。

シズレンは背中から血しぶきをあげながら
あまりの激痛と呼吸困難の為に、心臓が限界に達していた。


「 ほれほれ・・・ どうした? シズレン・・・」

「これで、お前さんも 最後かのお??・・・・」



ミシミシ・・・・


なおも、シズレンの体を締め付ける粘土!!!



シズレンの体がどんどん硬直しはじめた。

極限の状態の中・・・ シズレンの脳裏に
一人の女性の姿が映った。

それはなんと、妖魔フリーゼの姿であった。


シズレンは、気を失いながらも、
最後の力を振り絞り・・・
全身から、ものすごい冷気を放出し始めた!!!






シズレンは、口から冷気を吐いた・・・

その冷気は、シズレンを包んでいた どろのような粘土を
みるみる・・・凍らせていった。


シズレンの能力のひとつである
「 痛みの記憶 」 とでも言うべきであろうか・・・

シズレンは、一度 身に受けた攻撃を
自分のものにしてしまう隠された能力を持っていた。

フリーゼに凍らされた時に、脳が記憶していたのだ。



そして、

シズレンの体に・・・
変化が現れた。


パキーーーーンッ!!!




妖魔シズレン原案26



凍らせた粘土が、弾け飛び・・・

中から、新しい姿をした シズレンが現れた!!!


体の模様も、色も明らかに違うその姿は
シズレンの第2の覚醒であった。


引き抜かれた翼の傷跡からは
新しく不気味な翼が生え・・・

引き裂かれたしっぽは、
新たに5本のしっぽとなって再生していた。




ピリピリ・・・


「 おおお・・・ すごい闘気を身につけておるのぉ・・・」

ガイラは、近くにいるだけで、
肌に痛みを感じるような シズレンの気に驚いた。



「 さすがは・・・ アルチレが誇りに思う弟子じゃったのぉ・・・」



「 どれ・・・ 最後の仕上げといくか・・・」



そう言うと・・・

ガイラは、全身にみなぎる力を 
一箇所に 集中させ始めた。






第2の覚醒を終えた 妖魔 シズレン!!


しかしっ!!

シズレンでもなく、静原 恋でもない・・・
どちらの意識でもない 恐ろしいものが、
妖魔 シズレンの体を奪おうとしていた。


シズレンは・・・ 未知なるものに支配されようとしていた。


必死で、意識を取り戻そうとする シズレンであったが、
このままでは、完全に悪魔に意識を乗っ取られそうだ。


そうである・・・
妖魔の覚醒とは、自分との戦いでもあるのだ。
意識がなくなれば、悪魔の化身と化してしまう!!

それに、打ち勝った時、
真の妖魔になる事ができるのである。




妖魔シズレン原案27



心の奥底に眠る シズレンの 師匠 アルチレとの記憶と
人間である 静原 恋 の強い魂が・・・

そうは、させまいと、

第2の覚醒をした シズレンの意識の中で
必死で戦っていた!!!




どうなるっ?? シズレン!!!





一方、土の妖魔ガイラは・・・

究極の技を出すための闘気が
凝縮されて、体中に集まった!!



Secret
(非公開コメント受付中)

ゆっくり
ゆっくりじっくりがこんなんなっているのよね~
|ョェ)ジッ
ドキッ!!
うん。   やる事が多すぎて・・・
まとまった時間が欲しいYO~~~~♪
ゆっくりじっくり書きたいじゃんね。
サードね~
いろいろ考えているみたいだけどさ~
 筆が進まないんでない!(ㅎωㅎ*)ジッーーー
う~~ん・・
サードシズレン ぐらいで 合体させちゃおうか??  いいね♪ それ・・
セカンドショックでは、きっと シズレンも静原恋も それぞれの想いが叶うというエンディングだから・・
融合とかして、さらに強くなるのは、第3章の舞台かなぁ~?
ジー・・・(oェノ|  
シズレンと恋は融合ってことはしないのか?
やっぱりそうなると強い意識のほうになっちゃうのかな?
プロフィール
空想世界「しずわーる♪」STAFF

Ren♪Shizuhara。。

Author:Ren♪Shizuhara。。
     ( サクラ色の天使♪)

不思議空想作家を夢みる絵描きの
かわいくて おちゃめな女性♪ぷっ。

カテゴリー
あくせすかうんたー
来てくれてありがとっ♪
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。